Apple Magic Keyboardの購入を迷っている人へ

こんにちは。よしたか@superpiyotakaです。
今日はMacBook用に、外付けキーボードのマジックキーボードを購入したので
紹介していきたいと思います。

ちなみにiPad専用のマジックキーボードでは無いので、ご注意ください。

僕と同じように、もうすでにマックブックを持ってるけど
外付けキーボードを買おうか迷っている人はぜひ最後まで見てみてください。

Apple Magic Keyboardを買って良かったこと

はじめに言っておくと、今回これを買って大正解でした。

よかったことが3つあります。

  1. MacBookの手前にキーボードを置くことで、長く作業するときに大事な姿勢が改善されました。腰痛持ちなので、ここが一番助かってます。
  2. MacBookはトラックパッドが手前にあるので、どうも手が触れてしますことが多かったんです。それを気にしなくてよくなりました。
  3. テンキー付きにしたことで、数字の入力が簡単になりました。MacBookでは数字入力がストレスだったので、ようやく解放されました。


正直、もっと早く買っておけばよかったなと思ってます。

Magic Keyboardの紹介

今回購入したのは
マジックキーボードのテンキー付き、
色はスペースグレイ。
キーの配置はのJIS配置でなくUS配置です。

US配置を選んだ理由

僕はMacBookも英語のUS配置なので、慣れてる方がいいかなと思ってUS配置しました。

日本語向きのJIS配置を使ってる人も多いかなと思いますので、そういった方は慣れたものでいいかなと思います。
他にも英語のUK配置もあったりしますが、それぞれリターンキーの大きさや、文字の位置が違います。

テンキー付きのメリットとデメリット

テンキー付きのメリットは、数字の入力が速くなることです。
数字をよく打つかたは、テンキーがあった方が断然作業が早いと思います。
MacBookにはテンキーがないので結構ストレスだったんですが、これで解決されると思います。

デメリットとしては、テンキー付きは横に長いです。横幅は42cmあります。
マウスをキーボードの横に置くと、マウスまでの距離がちょっと離れてしまいます。

スペースグレイを選んだけど実は、、

色はスペースグレイですが、シルバーもあります。
ちなみにシルバーの方が少し安いです。
機能は同じですので、こだわりが無い方はシルバーでいいと思います。

僕はスペースグレイがカッコいいと思って他のデバイスもグレイ系の色で揃えてます。
あと補足ですが、テンキー無しのキーボードの色は、シルバーだけです。

Magic Keyboardの仕様

細かいサイズですが奥行きが11.49センチ、横幅が41.87センチ、高さが最大で1.09センチ。
重さは390グラムです。
構造はシザー構造です。

充電式なので、コードなしで使えます。もちろん充電しながらでも使えます。
ヘビーユーザーでも一回の充電で何日か使える感じです。

Magic Keyboardの使用感について

実際の使用感ですが、
正直MacBookよりもこのマジックキーボードの方がいい感じです。打った感覚がバタフライ構造のMacBookよりしっかりあって、タイピングの音も心地いいです。

今まで使ってきたMacBookのキーボードは、高さが低く押し込みが少ないのが特徴でした。そこはいいところでもあるんですが、個人的には打った感じがあまり無かったです。

このマジックキーボードはMacBookのキーボードよりも若干高さもあって、押し込みの感覚もちゃんとあります。僕はすごく使いやすいなあと思ってます。

外付けキーボード探してる方にはとてもおすすめです。
もっと詳しく知りたい方、購入したい方は、↓のAmazonのリンクから見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です